赤坂「双子のライオン堂」様の、POP講座に行ってきました。

    書店で働いた経験があるにも関わらず、POPというものを描いたことがありません。

 

POPとは、お店のお客様にアピールしたり情報を提供するために掲示される小さなカードの事。書店では、書籍の内容を紹介するものが多いです。

 

   ひとくちに書店のPOPと言っても、そのスタイルは、お店により、本により、担当者さんにより、様々です。

    細かい字でみっしりと書評を描くものや、目を引くキャッチコピーで勝負するもの、絵柄や色使いに凝ったビジュアル派など。

     今回講座で教えて下さった「でんすけのかいぬし」さんは、とにかく絵が上手くて、見せ方のアイデアを豊富に持っているビジュアル派の方でした。

 

    絵が苦手なので、華やかなPOPを作るのは無理ではないかと思っていたのですが、文字の色を変えてみたり、大きさにメリハリを付けたり、文字を装飾してみたり、シールやマスキングテープ、切り抜きを駆使して飾ったり、目をひくPOPを作る方法はいくらでもあると教えてもらいました。

 

    かいぬしさんは、絵を教えるのが非常に上手な方だったので、絵を描くことにも挑戦。

コツは、まず、〇△□など単純な記号でアタリをつけて、その後にくづけする様にすると、びっくりするくらいいい感じ。楽しかったので、帰宅した後お絵かきを延々とやってしまいましたよ。

 

    私なりにまとめた、POPの書き方のコツは以下の通り。

 

・まずはポップを描く商品の好きなところを5つほど挙げ、それをまとめて文面を考える。

・好きな要素のディテールを加えたり、ちょっとだけ盛って(盛りすぎると白々しいので注意)キャッチコピーを考える。

・キャッチコピーを考える時は、ポエマーになったつもりで

・文章量は長くても200字くらい。Twitterで紹介するつもりで

・文字の大きさにメリハリをつける

・小さい文字もやや太目(0.8くらい)のペンで書くと読みやすい

・スペースが広すぎるよう感じたら、マスキングテープやマーカーで囲ってしまう。

・レイアウトは、対角線やナナメのラインを意識して

・画材にはこり過ぎない。100円ショップを活用

 

    それやコレを踏まえて自宅で作ってみたのが、山崎まどかさん「優雅な読書が最高の復讐である」のポップ。

    タイトルが長くて画数も多いから、文字のバランスががが


f:id:mukadeyabooks:20180617110741j:image

    一箱古本市に出す本のポップもいくつか手直し。



f:id:mukadeyabooks:20180617110846j:image

 

残念な出来だった、東山彰良「流」のポップも手直し。

f:id:mukadeyabooks:20180617110920j:image

    

    楽しいので、もっともっと作ると思います。

 

【本日の5冊】

 

プロに教わる 1秒で心をつかむPOPのつくり方

プロに教わる 1秒で心をつかむPOPのつくり方

 

 

 

 

なんでもかけちゃうよ (エンバリーおじさんの絵かきえほん)

なんでもかけちゃうよ (エンバリーおじさんの絵かきえほん)

 

 

 

 

毎日読みたい365日の広告コピー

毎日読みたい365日の広告コピー

 

 

 

小学館の図鑑NEO きのこシール (まるごとシールブック)

小学館の図鑑NEO きのこシール (まるごとシールブック)

 

 

 

優雅な読書が最高の復讐である 山崎まどか書評エッセイ集